2016年07月

ポンちっちが変なコメント入れていた。

http://0w.blog.jp/archives/63117162.html#comments

暇そうだな、への爺ww
バカども、ほっとけよww
くだらねーww

ソフィアだ、ぽん吉だ、まだやってるww
もう、こっちは、全然見もしないのにさww
暇人どもがぁぁぁぁぁぁぁぁww


http://0w.blog.jp/archives/61934791.html#comments
あの人たち、まだ妄想ごっこしてるの?
どこでやってるの?
でもさ、ポン吉くんは全然見ないって言うけど、なんで分かったの?

そういえば私の悪口書いていたアンチの「すいふと」とか「楽山日記」とかいたけど、
あいつらもまだやってたら教えてな。ロケット花火大会できるかもよ。

追記
ひとのこと への爺とか言ってるけど、
ポン吉くんは私よりも爺さんかもしれないんだよなあ?

「60歳の人は20歳くらいの差ができる」みたいなコマーシャルある。おっちゃんおばちゃん年代になると、ほんとにそうなってしまう。同い年くらいですごく若く見える人がいたり、高齢のじいちゃんばあちゃんに見えたり。

さっきノートパソコン開いてみてたら、ブログにちょうどコメント入った。

>ポンちっち
だーかーらー、あんたは虎族なんかじゃなくて、ガンレオ連と同類のレプタリアンかもよ?って言ってるの。
共食いだな。
あ、またコメント入った。
http://0w.blog.jp/archives/62756967.html#comments
new!おい、への爺!! 
また、バカッタレ・ファイトして来たぞ、バカどもww 
どっちがネット怨霊だよww 
そのなんちゃらファイトってのは実在するのかよ?
だったらおめーらどっちもネット怨霊かもねw


>ソフィ
相手は淡々と過ごしているようだって言ってるのは
「ブログ村で記事タイトル眺める限りでは」と書いているだろ。
ポン吉くんみたいな執念深さはないし、わざわざ誹謗中傷をメインにしていないしね。

それと、
まだ引っ越ししてないよ。
テレビとか不用品の処分で調べたり相談したりしてる。
体がしんどくて、物件も主にネットで探して問い合わせているよ。
もうどうせなら激安の死人が出た物件でもいいかなとか思ったり、
でもあとで怖くなったらどうしようとか思いなおしたりてる。



追記 
ポン吉くんのブログ、内容に変化がないようだし、所々しか読んでない。
よくもまあ飽きずに続けられるものだなと、飽きっぽい私は飽きれている。

だけど一つ良かった部分はあった。もはやどこにいったか分からん記事。
えーっと、HS信者のガンとかレオとかいう人が、病気の人が悪いような批判していたそうで、
そこに高慢さを感じたんじゃないかな。
そこらへんはポン吉くんのやさしさなのかなと思った。
病気を悪いカルマの結果だと断定する脳タリンよりもましだ。
世間を見渡せば、なんでこんな良い人が病気で苦しむのだ? 
という場合が多いのが実情だろう(僕は別だけど)。
逆に悪い奴らは健康で元気なのが多いと思う。
 

ネットでちょこちょこ散歩してみると、幸福の科学信者ポン吉くんの動きが過激化の一途をたどっていた。
個人ブログ『鷹峯椪吉』http://blog.livedoor.jp/saisyuhtsuhkoku/ のほか、
ユーチューブにも拠点作っていた。
https://www.youtube.com/channel/UC2oinRBtS7C6kkvrncVC_1A
b72d3ad3.png


「2ちゃんねる」幸福スレに、どれも似たり寄ったりな非難のコピーを延々と繰り返し貼り続け、
幸福の科学被害者の会(名ばかり)掲示板などにも出張し、
http://6622.teacup.com/takanoriookawa19560706/bbs
呪詛的な言葉を吐き続けている。

HS信者であるガンレオ、アマミたちが他の信者を誹謗している、などと批判を続けてきたのらしいが、
そう言うポン吉のほうが誹謗中傷の度合いが激しい。
不気味な世界でとぐろを巻いており、なんとも地獄の怨霊化した感があるのだが。
これが正義感とやらの成れの果てか。哀れなものよのう。

エルカンターレの御本尊まつってその調子では、お高いだけの自己満足な飾り物ではあるまいか。
レプタリアンとかいう妄想が事実なら、ポン吉くんもただの同類であり、食い合っているだけかもよ。
自分の姿を鏡に映してみたらみたらどうだ?
ほかにやることあるだろうよ。
針の穴ばかり覗いてないで、なんか実のある楽しいことやってみたらどうなんだ?
大きなお世話だろうけどさ、時間がもったいないぞ。

いっぽうのガンレオ・アマミ連は、
ブログ村で記事タイトル眺める限りでは淡々と過ごしているようだ。
http://philosophy.blogmura.com/kofukunokagaku/ranking.html

↑このページのトップヘ